KiZUKAI、toCサブスクリプション カオスマップ2022年版を公開

KiZUKAI、toCサブスクリプション カオスマップ2022

顧客体験管理を収益につなげる次世代型CXMツールを提供する、株式会社KiZUKAI(本社:東京都中野区 代表取締役:山田 耕造)は、「toCサブスクリプションサービス カオスマップ2022年版」を公開いたしました。

KiZUKAI、toCサブスクリプション カオスマップ2022

toCサブスクリプション市場規模の拡大とアップデートの背景

国内のサブスクリプション市場は、2023年までに1.4兆円に達し、2018年比で約1.5倍に急成長すると見込まれているため、広い業界・業種のサービスがサブスクリプション市場に参加している状況です。

コロナ禍で従来の行動が変化し、利便性の高いサブスクリプションが必要とされる中で「どのようなサブスクリプションサービスがあるのかが不透明」という課題があり、昨年我々は「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」の作成に至り、ご好評いただきました。

そこで、この度2022年版として「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」のアップデートを行い、改めてtoCサブスクリプションサービスの現状を皆様にお伝えいたします。

ユーザー想いのサービスに溢れる世の中に

我々は、国内初サブスクリプション事業者向けに、顧客体験管理を収益につなげる次世代型CXMツール「KiZUKAI(キヅカイ)」をリリースし、「ユーザ想いのサービスに溢れる世の中に」をビジョンに掲げています。

国内でのサブスクリプション市場が急成長していく中で、そのエコシステムを作っていくためには、サブスクリプション事業者の皆様が「ユーザー想いでサービスをアップデートし続けることができるか」が何より大事だと我々は思っております。その為にも、ユーザー1人ひとりの行動データの取得と分析を日々重ねていく重要性を、日々さまざまなクライアント様にお伝えさせていただいています。

今回のカオスマップの公開を通じて、我々は、サブスクリプション市場のさらなる発展及びCX(顧客体験)の向上に貢献してまいります。

「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」2022年版の特徴について

昨年のカオスマップ同様、2022年版も以下の3つの大カテゴリーに分けて展開しています。また、中カテゴリーの追加、一部を除き小カテゴリーを追加いたしました。

【カテゴリー】
・デジタルコンテンツ(動画・音楽・電子書籍など)
・サービス/健康/教育(飲食・美容・恋愛・婚活など)
・物品/レンタル(ファッション・家具・家電・住居など)

1:デジタルコンテンツについて
昨年に引き続き「動画定額配信サービス」「音楽定額配信サービス」「電子書籍・雑誌・コミック定額配信サービス」の利用率が高く、DVDやCDなどの「モノ」を購入して所有する時代から動画や音楽の配信サービスという「コト」として利用するスタイルが定着化しています。

2:サービス/健康/教育について
セグメントを小さくし、ある分野に特化することで強みを出すサービスが増えてきています。特に飲食カテゴリーでは、スイーツ、パン、お酒、カフェなど、特化型サブスクリプションが注目されています。また、コロナ禍で密を避けて楽しめるアウトドア需要の増加に伴い、キャンプなどのレジャー系のサブスクリプションも増えています。

3:物品/レンタルについて
コロナ禍でテレワークが定着したこともあり、場所を選ばずに働く生活スタイルが普及し、ホテル月額利用サブスク・住所定額利用サブスク・交通インフラ系サブスクなど、拡張性のある新たなビジネスモデルが生まれています。

資料ダウンロードについて

「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ2022年版」と「2021年版との対比図」を比較できるよう資料にまとめております。下記リンクからダウンロードいただけます。
DL▶︎ https://kizukai.com/cxlab/2022ver-toc-khaosmap/

※サービスを提供されている各社のロゴを使用させていただいております。使用上問題がある場合は、株式会社KiZUKAIコンタクトページ(https://corp.kizukai.com/contact/) のお問い合わせ種別にて、その他の項目にてその趣旨お問い合わせいただけましたら、ロゴ削除等対応させていただきます。

<KiZUKAIについて>

KiZUKAIについて

顧客体験管理が収益につながる次世代型CXMツール「KiZUKAI(キヅカイ)」は、顧客体験を管理し収益につなげる施策運用を実現するツールです。
ユーザーの利用動向や属性情報をインポートするだけで、ヘルススコアと解約リスクを算出し、顧客リストを作成します。散らばるデータ収集を支援、顧客状態を瞬時に可視化。リストを自動抽出しアクションへ導く。顧客ロイヤリティを劇的に向上させる。日本初、RevOpsの概念から生まれたツールです。

<企業情報>
社名:株式会社KiZUKAI(キヅカイ)
代表取締役:山田 耕造
所在地:東京都中野区本町5-22-9 3F
設立:2016年3月1日
事業内容:プラットフォーム事業、メディア事業
URL:https://kizukai.com/

関連情報

株式会社KiZUKAI
株式会社KiZUKAIが「toCサブスクリプションサブスクリプション カオスマップ2022年版」を公開