インターネット広告用語集(あ行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(あ行)

■あ行

アイキャッチ(Eyecatch)とは、ユーザーの目を引き、行動意欲を刺激する画像イメージのこと。目立つ画像イメージを掲載することで、ターゲットユーザーの注意をひき、広告のクリック意欲を刺激することを目的とする。一般的には、メディアにおける記事ページの見出し画像や広告画像などを指し、画像やイラストにキャッチコピー(テキスト)が追加されたデザインが多い。

アイキャッチには、静的表現と動的表現の二つがあります。静的表現では、テキストの文字色を一部変更する、たくさんの写真を並べて特定の写真にインパクトのある表現にするなどが多くみられ、動的表現ではGIF画像、シネマグラフを用いた表現が多くみられる

Acquisitionとは、「獲得擦る、取得する」という意味を持つ英単語であり、インターネット広告の分野では、Web上での会員獲得・新規顧客獲得などの成果を指します。一般的には、新規獲得という意味で使われます。
Actionとは、「行動する」という意味を持つ英単語であり、インターネット広告の分野においては、広告や提供された情報を通じて引く起こされる行動のことを意味します。一般的には、広告を通じた商品購入や資料請求、会員登録などのことを指して使われます。
アクセス解析とは、自社サイト内におけるユーザーの行動を分析して、ユーザー目線でより良いサイト作りをするための分析手法のことです。通常、アクセス解析ソフト、ツールを用いて行われます。

ユーザーの流入経由、サイト内の滞在時間や閲覧ページ数、閲覧内容など多様なデータを取得して解析することにより、自社サイトの問題点を把握したり、課題解決の糸口を見つけることができるようになります。

アトリビューション分析とは、広告や自然検索などのアクションによる成果への貢献度を評価するための分析手法のことです。例えば、あるユーザーが広告経由から商品を購入した場合、そのユーザーが商品を購入する前にどのようなメディアを見ていて、それが購入にどのくらい影響を与えたのかを調査します。

従来は、動画広告を見たユーザーが自然検索から商品購入に至った場合、購入に影響したのは検索のみであると評価されており、費用が発生している施策を正しく評価できていませんでした。しかし、アトリビューション分析が登場したことで、従来は評価できなかった施策を正当に評価することができるようになりました。これにより、広告掲載のポートフォリオを組めるようになりました。

アトリビューション分析では、上記の例の場合、動画広告を見たからこそユーザーは自然検索したと推測することができるようになります。それにより、動画広告は商品購入に間接的な影響を与えた施策であると評価できるようになりました。

近年、メディアは多様化しており、これからも継続されると考えられています。アトリビューション分析とは、多様化するメディアを正当に評価する考え方であり、今後のWebマーケティングでは欠かせない分析方法と言えます。

アドウェアとは、広告を表示する機能を持つアプリケーションのことです。フリーソフトなどをダウンロードした際に、付随してデバイス内にインストールされる事が多い。

常時広告が表示される場合や、定期的に広告が表示されるものが存在する。インストールすると、ホップアップ広告が表示されたりすることもあるため、一般ユーザーに不快感を与えてしまう点に注意が必要です。

アドエクスチェンジ(Ad Exchange)とは、アドネットワークを複数束ねた広告配信プラットフォームのこと。傘下の各メディア・アドネットワークが持つ広告枠(AD)を交換(EXCHAGE)する機能をもつ。メディア(媒体社)と広告主の立場の違いにより得られるメリットが異なる。

メディアは、アドエクスチェンジを用いることで広告枠をインプレッション単位で販売することができる。従来、クリック単位で販売されていた広告枠をより細かいインプレッション単位で販売できるため、広告収益拡大につながる。また、ターゲティングを用いて「どのような行動履歴を持つユーザーに出すのか」という付加価値を与えることができるため広告枠の売れ残りを心配する必要がなく、安売りせず最適な価格で販売することが可能となった。

広告主は、インプレッション単位で希望のターゲットに対して広告配信が可能になるため、広告を届けたい相手に的確に表示することができ、高い広告効果が望めます。

アドサーバーとは、広告配信を行うための専用サーバーのことです。広告掲載面や広告表示回数のコントロール、クリエイティブ(原稿)の差し替え、広告配信データの収集など、広告配信に関わる様々な作業を行う際に使用される。

アドサーバーの登場により、ひとつの広告枠内で広告をローテーション表示することができ、メディアの収益拡大や広告メニュー販売形態の多様化につながりました。アドテクノロジーを用いた広告配信には欠かせない技術のひとつです。

企業の持つ顧客情報(CRM)データを元に特定のユーザーに広告配信する手法。CRM広告配信とも呼ばれています。例えば顧客の年齢、購入履歴や趣味趣向を解析しそれぞれのユーザーに合った広告を配信することで効果的なアプローチが可能になります。既存顧客のリピート、新規ユーザー獲得を効率よく実施出来るようになります。日本で初めてアドレサブル広告に特化したツールを開発、提供したのはシナジーマーケティング株式会社のAD2とも言われています。
アドネットワーク(Ad Network)とは、複数のWebメディアやSNS、ブログなどの広告枠を束ねてネットワーク化した広告配信システムのことです。カタカタおよび英字表記が長いため、ADNWと表記されることもあります。

独自のアドサーバーを持ち、複数サイトへの広告配信を一括で行えます。メディア(媒体社)に対して広告販売を代行するだけでなく、メディア(媒体社)が行う広告枠の在庫管理・掲載業務・レポーティングなども代行します。

ネットワーク全体に広告を配信することが出来るため、アドネットワーク以前の広告と比べて短期間で大量のトラフィック量を確保できるようになりました。また、カテゴリーターゲティング、行動ターゲティングなど様々なターゲティング機能を利用した広告配信を可能とするため、広告を見せたい相手に効率よく見せることができるようになりました。

アドフラウド(Ad fraud)とは、「広告詐欺」のこと。具体的には、botなどのシステムにより広告を意図的に閲覧・クリックさせることで、不正に広告費用の水増しをする詐欺行為を指す。

Web広告の多くはクリック回数や閲覧回数に応じて広告費用が発生する課金形態を採用しているので、botを使い不正にクリック回数・閲覧回数を増やすことで、不正に広告費用を請求することができるようになります。

また、費用面だけでなく広告効果の観点からも問題がある。通常、ユーザー(人)が広告に接触した際に得られる広告効果(ブランディングなど)は、botによるクリック・閲覧からは一切得られない。広告費用を払っているにも関わらず、広告効果が全くなくなる点も問題となっています。

海外において重要視されていた概念ですが、日本の広告業界においても昨今、重要視されています。

アドフラウド(Ad fraud)とは、「広告詐欺」のこと。具体的には、botなどのシステムにより広告を意図的に閲覧・クリックさせることで、不正に広告費用の水増しをする詐欺行為を指す。

Web広告の多くはクリック回数や閲覧回数に応じて広告費用が発生する課金形態を採用しているので、botを使い不正にクリック回数・閲覧回数を増やすことで、不正に広告費用を請求することができるようになります。

また、費用面だけでなく広告効果の観点からも問題がある。通常、ユーザー(人)が広告に接触した際に得られる広告効果(ブランディングなど)は、botによるクリック・閲覧からは一切得られない。広告費用を払っているにも関わらず、広告効果が全くなくなる点も問題となっています。

海外において重要視されていた概念ですが、日本の広告業界においても近年関心が高まっています。

アフィリエイトとは、成果報酬型のインターネット広告のこと。アフィリエイトサイトもしくはアフィリエイター(個人)のサイト(ブログ・メルマガ)に広告を掲載してもらう形式の広告。業界内では、「アフィ」や「AF」などの俗称で呼ばれることも多い。アフィリエイトで収益を上げている人をアフィリエイターと言います。

提携先のWebサイトやメールマガジンに広告を掲載してもらい、閲覧者がそのリンクを経由して会員登録、資料請求などの広告主の目標を達成すると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われる成果報酬型の広告である。また、クリック課金でも実施できることがある。

基本的には、成果が発生したときにのみ広告費用が発生するため、広告を出稿する立場からすると経済的リスクの低い広告手法といえる。反面、広告掲載面やクリエイティブなどの訴求内容をコントロールすることが難しく、広告主は誇大広告、各種法律への抵触など訴訟やブランドイメージの低下などのリスクも抱えている。

アルゴリズムとは、検索エンジンにおいて、検索キーワードに対する検索結果順位を決定するためのルール(法則)のこと。200以上ある検索結果を決める指標から、クローラーと呼ばれる検索エンジンロボットがWebサイトの検索順位を決定しています。公平性の観点からその仕組みが全て公表されることはありません。。
アーンドメディア(Earned Media)とは、トリプルメディアの一種です。口コミなどの情報拡散を通じて、商品やサービスの信頼や評判を獲得するメディア。商品やサービスを広告ではなく、口コミとし発信するSNSやブログなどのCGMなどを指す。アーンド(Earned)という英単語には「獲得する」という意味があり、信頼・評判を得るという意味から名づけられました。
インタレストマッチとは、興味関心連動型広告のこと。インターネットユーザーが閲覧しているWebサイトの内容や、興味関心(過去のサイト閲覧履歴、検索履歴)から、興味がありそうな商品を・サービスの広告を表示する広告配信手法を指します。自社の商品に興味関心があると推測されるユーザーを対象として配信出来るため、商品購入などの成果に繋がりやすい。

一般的には、Yahoo!が提供するYDN(Yahoo! Display Network)内のインタレストマッチ広告を指すことが多い。なお、同広告名称は2018年5月をもって「ターゲティング」という設定に統合されました。

インフィード広告とは、ネイティブ広告の一種です。Webサイトやアプリ(画面の上から下に読み進めていくデザイン)のコンテンツとコンテンツの間に表示される体裁の広告のことで、FacebookやtwitterなどのSNSや、キュレーションメディア、ニュースアプリなどでよく利用されています。

コンテンツとコンテンツの間に、同じ見え方で表示されるため、ユーザー視点で見ると広告感が少ないことが特徴です。従来の純広告のようなWeb広告は一目で広告とわかるためブランディングには適していますが、見るだけで終わってしまうユーザーが多く、商品購入などに至るユーザーは多くありません。インフィード広告は、あたかもWebサイトやSNS内のコンテンツとして見せることができるのでクリック率が高く、自社サイトやLPへの誘導に優れているといえるでしょう。

インプレッション(impression)とは、広告の表示回数(広告画像のリクエスト回数)のこと。Webページ上の広告枠が表示された段階で、1インプレッションとして計測される。広告レポートなどで数値化する際には、impと表記されることが一般的である。

なお業界内では、インプレッションのことを露出と言い換えることも多い。広告表示は広告露出と同義であると認識されている。PVと混同されやすいですが、全く異なる概念なので混同しないように注意しましょう。

インプレッション保証型広告とは、Web広告の課金形態の一種です。具体的には、広告掲載において指定されたインプレッション回数まで配信を保証する広告を指す。「期間保証+インプレッション保証+掲載面指定」という形態で販売されることが多く、その掲載面での広告表示回数を保証することが一般的です。

広告配信が保証されたインプレション回数に到達しない場合には、達成するまで掲載期間が延長されることが一般的である。広告の露出回数を保証することが出来るため、認知拡大などのブランディングと相性が良い。

純広告において。広告のインプレッション回数を保証されるメニューであるため、反応の良い商材やサービス、見栄えの良い広告原稿などを掲載することで、CTRの向上に繋げることもできる。反面、あまりクリックされなさそうな広告原稿や商材でば、CTRは著しく低下する傾向にある。そのため、費用対効果を考える上では、保証メニューを導入するか慎重に検討する必要があるだろう。

インライン型広告とは、スマートデバイス向けの広告フォーマットのこと。Webページ内に直接貼り付けて設置する広告を指す。ブラウザやアプリケーションの中の特定の位置に表示され、ページをスクロールすると広告も一緒に動くという特徴がある。
運用型広告とは、昨今、最も人気で重要視されているインターネット広告の発注・出稿方法の一種です。ターゲットや広告枠ごとに配信(入札)単価を変更・調整して出稿方法を最適化していく広告の総称。アドテクを活用した運用によって、広告の配信状況に応じてターゲティング設定やクリエイティブなどを随時、変更・修正することができる。具体的には、リスティング広告、DSPやアドネットワークなどのアドテクを活用した広告のことを指す。

運用型広告=〇〇広告という概念があるわけではないため注意しましょう。簡単に表現するのであれば、広告配信後に設定や原稿を随時変更・調整できる広告のこと。

バナー広告の一種。ブラウザ画面上の広告枠が、オンマウスやクリックされたとき、一時的に大画面に広がって表示される広告。画像や動画などを拡大して表示することで、ユーザーへのアピール度合いを高めることができる。ユーザーに与えるインパクトが大きく、視覚的訴求力が強いため、ブランディングに適している。
エンゲージメントとは、広告やブランドの評価指標のこと。明確な定義はなく様々な解釈がある。企業と消費者の「関係性の強さ」を意味しており、Webマーケティングの分野においては、広告とユーザーの交流度合いを測る広告評価指標を指す。

特にSNS広告において導入されている指標であり、facebookの「いいね!」や「投稿をシェアした人数」などがエンゲージメントとして定義されている。エンゲージメントの定義は媒体により異なるため、注意が必要である。

トリプルメディアの一種。企業がオーナーとして所有し、運営しているメディアのこと。企業が直接運営するホームページ、ブランドサイト、SNSアカウント、ブログなどが該当する。Owned=「所有している」という意味から、自社サイトのことを指している。
オプティマイズ配信とは、複数原稿を掲載している際に、CTRやCVRが高い原稿を集中的に配信することで、広告効果を最適化しようとする配信手法を指す。
オプトアウトとは、ユーザーが情報を受け取る際に、広告やメルマガ情報の受け取りを、ユーザーが拒否する意思を示すことを指す。たとえば、「メルマガに対して配信停止を依頼する」、「一度登録した配信許可リストから対象を除外する」などの行為がこれにあたる。

反対に、広告やメルマガ情報の受け取りを許諾することを「オプトイン」と呼ぶ。

オプトインとは、ユーザーが情報を受け取る際に、広告やメルマガなど情報の受け取りを、ユーザーが許諾する意思を示すこと。たとえば、「通販サイトで登録したメールアドレスへのメルマガ配信を許可する」などの行為がこれにあたる。また、広告を配信する際に、事前にユーザーに対して配信許可を求めること。

反対に、広告やメルマガ情報の受け取りを拒否することを「オプトアウト」と呼ぶ。

オムニチャネルとは、自社のすべての販売チャネルを統合し、いずれのチャネル経由でも、同様に商品・サービスの購入ができる環境、またはその戦略のこと。

オムニチャネルを構築することにより、実店舗とECの情報管理システム統合が可能となり、顧客を様々な方法でフォローできるようになる。これにより、販売機会損失を防ぐことができ、在庫管理の効率化を図れるとされる。

オーガニック検索とは、検索連動型広告などの広告枠やPR情報などの広告表示を除いた、検索結果画面に表示される通常の検索結果のことを指す。自然な検索という意味で、自然検索、ナチュラル検索とも呼ぶ。
オーディエンス拡張とは、自社サイトに訪問したユーザーと似た行動履歴をもち、かつ自社サイトに訪れていないユーザーに対して広告配信を行うターゲティング手法のこと。自社サイトを訪問した利用者に似ている相手に対して広告配信することで、広告効果(CVR)を高めやすくなると考えられている。
オーディエンス(利用者)のCookieをもとにして、サイト訪問履歴や検索履歴、広告反応履歴などを組み合わせたオーディエンスデータから、趣味・嗜好を分析してユーザー属性を推定し、属性ごとに広告を配信するターゲティング手法のこと。
オーバレイ型広告とは、スマートデバイス向けの広告フォーマット。デバイス画面(ブラウザ)の一定の位置に固定して表示される広告のこと。ブラウザやアプリケーションの上に重なるように表示され、画面をスクロールしても表示位置は固定されているため、同じ位置に表示され続ける。
運用型広告は広告配信にあたりオークション形式を採っています。オークションの結果によって配信可否や掲載順位、掲載箇所等が決まり、同じ広告枠を狙う広告主の入札額や品質ランク(広告ランク)によりオークションにプレッシャーがかかる事。
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集