インターネット広告用語集(は行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(は行)

は行

消費者間での口コミを利用することにより、低コストで販売促進、ブランディングにつなげようとするマーケティング活動。利用される媒体としては、情報拡散力に優れたfacebook、TwitterなどのSNSが多い。ネットでは、販売促進を目的として実施されることもある。

バイラルマーケティングには種類があり、ユーザーが自発的に商品・サービスを宣伝したくなる仕組みを「一次的バイラルマーケティング」と呼び、ユーザーに何かしらのインセンティブを与えて宣伝を促す仕組みを「二次的バイラルマーケティング」と呼び区別する。

優良な口コミが拡散されることにより、低コストで売上拡大などの好影響を与えることができるメリットを有する。その反面、口コミ内容をコントロールできない、注文過多、インセンティブ目的のユーザーが増えることによりユーザーの質が低下するなど様々なリスクも存在する。

バズ(Buzz)とは口コミのこと。TwitterなどSNS上で短期間で多くの人に話題が広がった場合に「バズった」などと使われることもある。
人為的にバズを発生させて、商品者サービス、ブランドに関する特徴や感想などを拡散させるマーケティング手法のこと。マーケティング手法としては、最も古典的といえる。ネットに限定されず、純粋な話題の総量を増加させ、優良なバズを発生させること目的とする。
画像やアニメーションよって表現する広告の総称。具体的には、特定のWebサイトに広告画像を張り付けて、広告をクリックしたユーザーを広告主サイトへと誘導する広告を指す。ビジュアルで訴求することが出来るため、テキストと比べ視覚的影響力が強い。広告を表示させるだけでもブランディングなどの宣伝効果を得られるという特徴をもつ。

バナー広告には様々な種類が存在しており、有名なものとしてレクタングル、スクエア、スカイスクレイパーが挙げられる。

「許諾」を意味する。マーケティング活動を行う際に、消費者本人から許可を得ていることを指す。例えばメルマガ送信などにおいて、事前にユーザーから送信許可をもらうなどがこれにあたる。
ビジット(visit)とは、Webサイトにおけるアクセスカウント数単位のひとつ。別名、セッション、訪問数とも呼ばれる。具体的には、Webサイトを訪問したユーザーがサイト内で行う一連の行動をまとめて1ビジットとする。Webサイトがどれほど人気なのかを示す重要な指標。

同じユーザーが何度も特定のWebサイトに訪問した際に、30分以上なにも行動を起こさなければ、新しいセッションとしてカウントされることが多い。

ビッグデータとは、広義の意味では、PCやスマホからインターネットを通じて取得した多種多様かつ膨大なデータのこと。Webマーケティングにおける協議の意味では、事業に役立つアイデアを導くためのデータ(広告ターゲティングのためのオーディエンスデータなど)を指すことが多い。多量性かつ多様性のあるデータのこと。

具体的には、位置情報、履歴情報(行動履歴、購入履歴や会員情報)、テキストデータ、画像、音声、動画などータを指す。

ビッグワードとは、ワードが持つ意味の範囲が広い言葉のこと。主にSEOやリスティング領域にて使用される。ビッグワードは汎用的であり、抽象度が高いという特徴を持つ。検索エンジンにおいて検索される回数が多いため、リスティング広告においては入札単価が高騰する傾向にあるキーワードである。

「転職、旅行、車、病院、脱毛」などがこれに該当する。ビッグワードをSEOに使う場合、検索結果が膨大となるため、競争率が高くなる。

ビッグワードとは異なり、ワードが持つ意味の範囲が限定的な言葉を「スモールワード」と呼ぶ。こちらもSEOやリスティングを実施するうえでは欠かせない要素である。

ビューアビリティーとは、Webサイトでの広告掲載インプレッションのうち、実際にユーザーに閲覧されたインプレッションのことを指します。または広告掲載インプレッションに対する表示の割合のこと。「広告ピクセルの50%が、スクリーンに1秒間以上表示されたインプレッション」をビューアブルインプレッション(アクティブビュー)と定義することが多い。

割合を求める際には、「ビューアビリティ(%)=ビューアブルインプレッション÷インプレッション総数」で算出することが出来る。

ビュースルーコンバージョンとは、間接コンバージョンの一種。具体的には、広告に接触した(広告表示を見た)がクリックはせず、一定期間内に別の経路で発生したコンバージョンのことを指す。ポストインプレッションや間接効果とも呼ばれる。

ユーザーが広告を見たときにはクリックしなくても、後から検索などでサイトに訪問し、コンバージョンに至るケースも多くあります。例えば、動画広告はバナー広告に比べて視覚的影響力が強いため、視聴者に情報を記憶させやすく、その場でクリックせずともコンバージョンに貢献していることがあります。その際、ビュースルーコンバージョンの概念に基づいて計測すると、動画広告のコンバージョンへの貢献度を可視化できるようになる。なお、ビュースルーコンバージョンの発生する対象はディスプレイ広告に限定されます。

ファーストパーティ・クッキー(1st Party Cookie)とは、ユーザーが訪れているWebサイトのドメインから直接発行されているCookieのこと。つまり、「Cookieの発行元のドメイン」=「訪問Webサイトのドメイン」であるCookieを指す。

1st Partyとは、日本語において「当事者」を指すため、当事者サーバークッキーとして表記されることもある。Webサイトにおける当事者とは、ユーザーがアクセスしたサイトの管理・運営元のことを指す。

例えば、あるユーザーが通販サイトA (tsuhan.a@examlpe.com)を訪れたとします。その際に通販サイトA(tsuhan.a@examlpe.com)から発行されるCookieをファーストパーティCookieと呼びます。商品の閲覧履歴や購入履歴などを保存しており、ユーザーに対して前回の閲覧商品と似た商品をレコメンドして表示したりすることに使われる。「あなたにおすすめの商品」などと表示される商品は1st Party Cookieを基にレコメンドされている。

なお、Cookieにはサードパーティー・クッキー(3rd Party Cookie)と呼ばれるものもあるため、混同しないように注意しましょう。

複合キーワードとは、ビッグワードやスモールワードなどの単語を組み合わせた言葉のこと。「旅行 ヨーロッパ 格安」などの組み合わせがこれにあたり、リスティング広告においては入札単価を下げつつ、獲得効率を重視したい場合などに用いられる。ただし、組み合わせる単語数が多いほど検索される可能性は低下するため、組み合わせの単語数には注意が必要である。
フリークエンシー(frequency)とは、Web広告とユーザーの接触頻度(回数)のこと。具体的には、1人のインターネットユーザーに対して、対象となる広告が何回表示されたのか、何度見てもらえたのかという指標を意味する。

UUはCookie単位(ブラウザ単位)でカウントされるため、Cookie IDごとの接触頻度がフリークエンシーとなります。なお、1人のユーザーに対する広告表示回数の上限をフリークエンシーキャップと呼ぶ。キャップの設定により無駄な広告表示を減らし、よりモチベーションの高いユーザーへの広告表示に対して広告費用を投下することができるようになるため、配信効率を重視した広告配信設計が可能となる。

プッシュ型広告とは、広告主側から情報発信する広告の総称。ユーザーに対して広告主の意思で積極的に情報発信することから、「攻めの広告」とも呼ばれる。反対に、ユーザー側が広告主の発信している広告を能動的に取得することを目的とした広告を「プル型広告」と呼ぶ。

不特定多数のターゲットに対して情報発信できることから、ブランディングに適している反面、コストが高い傾向にある。具体的には、純広告、メール広告、動画広告などがこれに該当する。

ブランディングとは、企業ブランド認知拡大やブランドイメージの向上を目的とするマーケティング戦略のこと。ブランディングを目的とする広告のことをブランド広告と呼ぶ。具体的には、自社商品・サービスが属する市場において第一想起を獲得することを目標としたマーケティング手法。例えば、ポカリスエットで言えば、清涼飲料水が飲みたいと思ったときに最初にポカリを検討してくれるか、ということがゴールになる。

ユーザーとの関係性、メッセージ性を重視した広告であり、インターネット広告の登場以前よりTVCM、新聞、雑誌などのマスメディアが多く使われている。インターネット広告においては、専ら動画広告や純広告が用いられる。

ブランドセーフティとは、広告出稿により企業・ブランド価値やイメージを毀損・傷つけられることを防止しようとする考え方のこと。具体的には、ポルノや薬物など公序良俗に反するコンテンツ、著作権侵害などの不正コンテンツへ自社広告が掲載されることにより発生するブランドリスクを回避しようとする取り組みを指します。

海外で先行していた概念ですが、近年日本でも重要視されています。ダイムラー社のメルセデスベンツの広告がテロ組織系列のWebサイトに掲載された事例が有名。

プル型広告とは、受け手側が広告主の発信している広告を能動的に取得しに行くことができるタイプの広告の総称。反対に、広告主より積極的に配信する広告のことを「プッシュ型広告」と呼ぶ。

プッシュ型と比べコストが安いが、即効性(その場で購入転換など)に乏しい。ブランディングが十分に行われている環境で実施することが理想である。リスティング広告、SEOなどがこれに該当する。

プレミアムメディアとは、広告配信時に付加価値の高いとされる優良な広告枠のこと。一般的には、指名買いされる枠のことを意味する。
ブースト広告とは、リワード広告の運用手法の一種。App storeやGoogle Playなどアプリランキングでの順位を一時的に急上昇させることを目的とする。アプリのランキングには、短期間のダウンロード数が影響するため、リワード広告を短期間かつ大量に配信することにより、アプリのダウンロード数を増やし、ランクインを狙う手法である。近年では、アプリサービスの規制により、ブースト広告は下火となっており、廃れつつあるといえる。
ペイドメディア(Paid Media)とは、企業が費用を払い広告掲載を行う有料媒体のこと。つまり、広告枠を購入して情報を発信する媒体を指す。Paidには、支払う・買うという意味があり、そこから転じて「広告掲載費を支払うメディア」という意味を持つ。

4マス広告媒体、インターネット広告(ディスプレイ、リスティング、SNS広告)、イベント等のスポンサーシップなどがこれにあたる。人目に触れる機会が多くブランディングを得意とするメディア。短期間での集客、情報拡散を目的として使われることが一般的である。

ペルソナ(Persona)とは、製品やサービスの理想のユーザー像のこと。具体的には、実際の顧客データや調査データを用いて、年齢、性別、居住地、職業、年収、趣味、価値観、家族構成、ライフスタイルなどの背景を組み合わせた想定される架空の顧客像を指す。

具体的なペルソナを設定することにより、ユーザー視点からの商品作りや効果的で精度の高いマーケティング活動が可能となる。そのため、ペルソナの想定時に先入観や思い込みを反映すると、思うような効果を得られない可能性があるため注意が必要です。

もともとPersonaとは「人格」を表すラテン語であり、マーケティング領域では「理想の顧客人格」を表す言葉として使われるようになりました。

ページビュー(Page View)とは、Webサイト内の特定のページが開かれた回数(アクセス数)のこと。Page Viewを略してPV(ピーブイ)と呼称することも多い。Webサイトがどれくらい閲覧されているのかを測定するための指標である。
ポストインプレッションとは、Webサイト上でバナー広告などの広告を見たときには、クリックなどの行動を起こさなかった閲覧者が、広告の印象が強く残り、後から商品等のWebサイトに訪問することを指す。

Webサイト上でバナー広告などの広告を見たときにはクリックなどの行動を起こさなかった閲覧者が、広告の印象が残って後からその広告が訴求していた商品などのWebサイトを訪問すること。広告効果をその場の広告クリックだけで評価すべきではないとの考え方に基づく。

ポップアップ広告とは、広告の表示方式の一種。Webページにアクセスしたとき、またはページを移動する際に、自動的に開く小さなブラウザウインドウに表示されるWeb広告のこと。合法な広告宣伝ある一方で、スパイウェアなどの危険なソフトウェアが表示される場合もある。ユーザーから見るとWebページを閲覧中に勝手に表示される広告なため、拒否反応が強い傾向にある。
ホワイトリストとは、広告主が広告掲載許可する配信対象Webサイトのリストのこと。広告効果の良好な広告枠などを集めてホワイトリストとする場合もある。ホワイトリスト上にないWebサイトは、広告配信対象外となる。なお、配信対象外のリストはブラックリストと呼ばれる。
ポータルサイトとは、インターネットの入り口となる巨大なWebサイトのこと。ポータル(Portal)には「玄関」や「入口」という意味があり、インターネットへアクセスする際の入り口となることから呼ばれている。

検索エンジンやリンク集、天気予報、ニュースや株価などの様々な情報提供サービスを提供しています。ブラウザから利用するWebメールサービス(Gmailなど)、電子掲示板、チャットなど情報提供以外にも多種多様な機能を有しており、基本的に無料で提供されています。これらのサービスを無料で提供することによりユーザーが増え、そのユーザーを対象とした広告掲載やEC仲介サービスなどから収入を得えています。

検索エンジンを運用する企業のポータルサイトとしては「Google」や「Yahoo!JAPAN」が有名である。プロバイダ運営するものでは「@nifty」や「BIGLOBE」などがある。

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(あ行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(か行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(さ行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(た行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(な行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(は行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(ま行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(や行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(ら行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(A行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(B行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(C行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(D行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(E行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(G行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(H行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(I行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(K行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(L行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(M行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(O行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(P行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(R行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(S行)

インターネット広告用語集

インターネット広告用語集(U行)