インターネット広告用語集(ら行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(ら行)

ら行

ランオブネットワーク(Run Of Network)とは、ネットワーク内の様々なWebサイトに対して、特定カテゴリーなどの条件を設けずに広告を露出させる広告メニュータイプのこと。掲載面が非特定であることにより、低い単価で優良な広告枠に配信できる可能性がある。
リスティング広告とは、検索エンジンにて入力した特定のワードに連動して、検索結果ページに掲載する広告のこと。広義の意味では、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の2種類を指し、それぞれが得意分野を有する。料金形態は、基本的にクリック課金型(PPC)である。

検索連動型広告は、インターネット上でユーザーが検索したキーワードと連動して広告を表示する仕組みです。広告掲載する商品・サービスがユーザーの課題や疑問を解決できる場合、その場で購買転換を促進できるという特徴を持ちます。インターネット上で商品やサービスを検索している(ニーズ・課題が明確)ユーザーに対してアプローチできるため、顕在層向けの施策といえるだろう。また、広告費用はクリック課金制のため、低コストで運用できるという利点も有する。

コンテンツ連動型広告は、ユーザーが閲覧しているWebページのコンテンツ内容と連動して、そのコンテンツと関連性の高い広告を掲載する仕組みです。具体的には、プログラムがWebページ内のテキスト情報を分析することにより、自動的にそのWebページのコンテンツに関連性のある広告を掲載することができる。インターネット上で広告掲載する商品・サービスと関連性があるページを見ている(類似商品やサービスに興味関心がある)ユーザーにアプローチできるため、潜在層向けの施策といえるだろう。また、広告費用はクリック課金制のため、低コストで運用できる利点も有する。

リターゲティング(Re-targeting)とは、一度、Webサイトを訪れたことがあるユーザーのみを広告配信対象とするターゲティング手法。ユーザーを追跡して広告を表示することから追従型広告と呼ばれる。メニュー名でもあるため、メディアによっては「リマーケティング」とすることもある。

ユーザーの訪問履歴を基に、再度の訪問促進や商品購入促進をすることを目的とする広告である。自社サイト内の商品ページやLPに訪れたユーザーを対象として広告配信することにより、より自社商品やブランドに興味のあるユーザーにピンポイントでアプローチできるという利点を有する。一度お店に来たお客様を追客できるインターネット広告というイメージ。

LPを見たが同業他社商品と悩んでいるユーザー、需要はあるが給料日前などのタイミングにより購入に至らなかったユーザーなど、質の高いユーザーに対して再度アプローチできるため、効率よくコンバージョンを獲得できる施策といえるだろう。

なお、リターゲティング手法を用いた広告を「リターゲティング広告」と呼びます。リターゲティング広告には、サイトリターゲティングとレコメンドリターゲティングの2種が存在するため混同しないように注意しましょう。

ただし、広告を配信できる対象者は、既にサイトへ訪問したユーザーに限定されるため、新規ユーザーの誘導が十分でない場合、いずれコンバージョン数が頭打ちとなり広告効果が悪化する可能性もあります。そのため、新規ユーザーの誘導施策(純広告、アドネットワークなど)と併用することが望ましいでしょう。

リダイレクトページとは、Webページに訪問したユーザーを、自動的に他のWebページに転送させる役割を持つページのこと。Webサイトの移転、サイトリニューアルによるURL変更などの際に、誘導したい場所(移転先のWebサイトなど)へ転送する目的で使われることが多い。

Webマーケティングの分野においては、広告効果測定ツールを用いた測定において使われるリダイレクトページを指すこともある。

離脱率(Exit rate)とは、アクセス解析の分野で使われる言葉です。計測対象となるすべてのWebページのうち、最後のセッションとなったページの割合。特定のページがどれだけユーザーを離脱させているのかを数値化した指標です。数値を求める際には、(離脱率)=(離脱数)÷(PV数)の式で求めれる。

離脱率を集計することで、ユーザーが離脱しやすいページを特定することができるようになり、Webサイトの改善につながります。Webサイトにおける離脱要因の分析・検証・改善につなげるための重要な指標。

なお、abandonment rate(破棄率)という略称も存在するが、これは特定用法で用いられる表現のため混同に注意しましょう。ちなみにcart abandonment rateとは、カート破棄率を指して使われています。

リッチメディアとは、音声や動画、アニメーションなど豊か(rich)な表現力をもつメディアの総称。従来のデータ量の少ない文字や静止画だけでなく、聴覚・視覚に訴えることのできる表現力の高いメディアやコンテンツ、広告様式を指します。
リファラー(referrer)とは、ユーザーがWebサイトにアクセスする際に利用したリンク元のページのこと。参照元と呼ぶこともある。

リファラーを分析することにより、ユーザーが利用する検索サイトや検索キーワード、サイト内におけるユーザーの行動履歴、ユーザーの流入経路を知ることができる。それを基にして、ユーザーの需要を満たすサイト改善を行うなど、SEO対策を考える際の重要な要素といえる。

リマーケティングとは、一度、Webサイトを訪れたことがあるユーザーのみを広告配信対象とするターゲティング手法。リターゲティングと同じ追従型広告の一種。一度ウェブサイトに訪れたユーザーをマーキングし、そのユーザーが、他のサイトを閲覧している時に広告を出すという手法。広告を表示する仕組みはリターゲティングと大差ない。

メディアにより名称が異なり、例えばYahoo!の広告ネットワークでは「リターゲティング」と呼ばれ、Googleの広告ネットワークでは「リマーケティング」と呼ぶ。

リワード広告とは、成功報酬型広告(アフィリエイト広告)の一種。ユーザーが広告を通じてアプリをダウンロード、商品購入などの成果発生に至った際に、ユーザーに対してインセンティブを付与する仕組みの広告である。

あるユーザーがリワード広告経由でゲームアプリをダウンロードした場合、まずは広告主からメディアに成果報酬が支払われる。次にメディアはアプリをダウンロードしたユーザーに対して、アプリ内で使えるポイント(ゲーム内通貨、無料ガチャなど)を付与するため、ユーザーからの反応は良い。しかし、特性上アプリのランキングを人為的に操作することができるため、GoogleやAppleから嫌悪感を持たれている。

リーセンシー(recency)とは、ユーザーがWeb広告に接触してからの間隔(期間)のこと。ユーザーが広告に接触してからどれくらいの時間が経過しているのかを可視化するための指標。UUはCookieごとにカウントされるため、Cookie IDごとの広告への接触間隔がリーセンシーとなります。

似た概念に「フリークエンシー(frequency)」というものがありますが、混同に注意しましょう。

リーセンシー効果とは、購買行動の直前に接触した広告が、ユーザーの購買行動に影響を与える効果のこと。人間の購買心理は直前に見聞きした情報(広告やCMなど)の影響を強く受けるといわれています。例えば、コンビニでお菓子を買おうとしたときに、直前に見たお菓子メーカーのCMが印象深く、思わずそのメーカーのお菓子を買ってしまったというような経験があるのではないでしょうか。このように購買行動をとる直前の広告効果をリーセンシー効果と呼びます。

なお、リーセンシー効果とは心理学における「新近効果(recency effect)」を広告に応用した考え方です。新近効果とは、「最後に示された特性が記憶に残りやすく、その後の行動に大きな影響を与える」という人間の心理傾向であり、広告戦略においても頻繁に活用されています。

リーチとは、広告を表示した人数の実数、または母数となるユーザー全体に対するその割合のこと。具体的には、一定期間内における広告の到達力を示す指標のこと。割合は、(広告表示人数)÷(対象となるユーザーの全体数)で算出できる。
将来的に顧客になる可能性をもつ見込み客のこと。または、その見込み客に関する情報を指す。
レギュレーション(Regulation:規則)とは、メディアごとに決められた「広告を掲載する時に守るべきルール」のことを指す。具体的には、メディアに掲載するクリエイティブに関するルールを意味し、過度に露出した人物画像は使用できない、効能を断定した表現は使用できない、画像サイズの指定などのルールがこれにあたる。人によっては、入稿規定や原稿規定などと呼び変える方もいるので注意が必要です。
レクタングル広告とは、Web広告の形状・サイズの一種。レクタングル(rectangle)とは長方形を指す言葉であり、転じて比較的大型の長方形または正方形に近い形状のディスプレイ広告のこと。一般的には、縦横のサイズが336×280ピクセル、または300×250ピクセル、350×240ピクセルのバナーを指すことが多い。
ロボットとは、クローラーの別称です。Web上の文書や画像などのあらゆる情報を定期的に取得し、自動的に検索データベース化する巡回プログラムを指す。
ロングテールとは、”売れ筋商品”の売上に対して、”死に筋商品”と呼ばれるニッチな商品群の売上が上回る現象のことです。主にネット販売において発生します。ロングテールを用いたマーケティング事例としては、Amazonが有名です。なお、この現象をマーケティング戦略の法則としたのがロングテールの法則です。

実店舗販売では、売り場面積が有限なため、売上の大きい商品(売れ筋商品)を陳列する必要があるが、ネット販売では、売り場面積(=商品ページ)は無制限で設置できるため、売上の少ない商品でも陳列することができます。ロングテール商品は、単体では少数しか売れないものの、数多くのロングテール商品を販売することで、総売上としては莫大な売上を上げられる可能性があります。

なお、縦軸を販売数量、横軸を商品として販売数量順に商品を並べたグラフを描いたとき、販売数量の少ない(ニッチ)商品郡が尻尾(テール)のように長く伸びることから呼ばれています。

ローテーションとは、広告クリエイティブの運用手法のことです。具体的には、同一期間内において同一スペースに別々のクリエイティブをローテーションで掲載する運用手法を指す。

同一スペースに複数枠を設けたりする場合や、同一広告主での複数原稿を表示させる場合などに行われる。掲載期間保証の場合でも、複数枠の掲載位置が平等になるようローテーションさせる場合もある。

インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集