インターネット広告用語集(A行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(A行)

A行

A/Bテストとは、インターネット広告の施策効果検証手法の一つ。広告のクリエイティブやWebサイト・ページのデザインを複数用意し、それらを不規則に表示させることで、どちらのレスポンス(クリックやコンバージョンなど)が多かったのかを検証すること。

A要素とB要素といった異なる2つの要素を検証する手法であり、実際にユーザーに利用してもらう事で検証を行う。Web広告を掲載した際のクリエイティブの良否を判断するための最も普遍的な検証方法。

スプリットテストやバケットテストとも呼ばれる。

AIDMA(アイドマ)とは、消費者の購買行動に至るまでのプロセスを体系化した購買行動心理モデル。具体的には、Attention(注意・認知)・Interest(興味・関心)・Desire(欲求)・Memory(記憶)・Action(行動)の頭文字からなる。

Memoryは販売促進を行う場所、つまり実店舗とネット販売では考え方が異なる。店舗販売の場合には、TVCMや電車内の広告、ラジオなど様々な広告により商品・サービス情報を記憶させることができます。ネット販売の場合は、動画広告や純広告が該当する。しかし、ネット上ではすぐに商品を購入することが出来るため、記憶させるというプロセスはあまり重要視されていない。

AISAS(アイサス)とは、インターネット活用を前提とした、消費者の購買行動に至るまでのプロセスを体系化した購買行動心理モデル。Attention(注意・認知)、Interest(興味・関心)、Search(検索)、Action(行動・購買)、Share(情報共有)のそれぞれの頭文字から成り、AIDMAに替わるモデルとして提唱された。(株)電通の登録商標です。

ユーザーは商品・サービスに興味をもつと、インターネットを使い情報を検索する。そこで商品・サービス内容や評判、口コミを確認して、納得した場合に購入します。購入後は、評価をインターネット上で発信して、他のユーザーと共有します。

ALT(オルト)テキストとは、代替テキストのこと。Webサイト内に含まれる画像や動画が、何らかの要因により正しく表示されない場合に表示される替わりのテキスト。また、視覚障害者が音声によるWebページの読み上げ機能(音声ブラウザ)を使用している際に、替わりに表示される。TwitterなどSNSの投稿画像にも書けるようになっています。
インターネット上で、アプリケーションソフトの機能を提供するサービスを行う事業者のこと。サービスそのものを指すこともある。アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)との混同に注意。

ASPにはインターネット環境さえあれば、どこにいても利用できるという利便性の高さに特徴があります。また、従来のインストール型のアプリケーションと比べて安価に利用できるためコスト削減を図れる。ネットワーク上にて、複数人による同時アクセスや操作ができ、操作性が高い。

メリットとしては、コスト削減、操作・導入が容易、管理ツールが不要、エリアや部署を跨いだ情報管理・共有を可能とすることにある。営業管理、財務管理、給与計算などの様々なサービスが存在します。

インターネットを中心にして、アフィリエイト広告を提供するサービスを行う事業者のこと。広告主とアフィリエイター(自分のサイトやブログで広告を掲載したい人)を仲介し、それぞれをマッチングさせる役割を担う。広告主は、ASPに商品リンクや広告を登録し、アフィリエイターはその中から掲載する案件を決めて、自分のサイトに広告を掲載する。A8.netやバリューコマース、アクセストレード、Amazonアソシエーションが有名である。
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集