インターネット広告用語集(E行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(E行)

E行

eCPMとは、effective Cost Per Milleの略称。

クリック課金型広告などのインプレッション課金型ではない広告をCPMに換算し、同じ基準で評価するための指標です。メディア側では、広告インプレッション1,000回当たりの費用を指し、収益率の測定に用いられている。算出方法は、「(広告費用)÷(インプレッション)×(1,000)」となります。

Electronic Commerce(電子取引)のサービスを提供するWebサイトのこと。具体的には、インターネット上で商品やサービスを販売するWebサイトを指す。通販サイトとも。
EFOとは、Entry Form Optimizationの略称。入力フォーム最適化のこと。具体的には、通販サイトにて商品を購入する際に、住所などを入力するページ(入力フォーム)を改善することで、ユーザーが利用しやすい環境を整えることを指す。
EFOを実施することにより、入力フォーム内でのユーザー離脱を減少させ、CVRの向上を図ることができる。
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集