インターネット広告用語集(L行)

インターネット広告用語集

初心者の為のインターネット広告用語集(L行)

L行

Landing-page(LP)とは、広義の意味ではユーザーがWebサイト・ページに最初に訪問(ランディング=着陸)したページのこと。つまり、通販サイトのトップページを最初に訪問した場合にはトップページがLPとなり、商品詳細ページを最初に訪問した場合にはそのページがLPとなる。

狭義の意味では、インターネット広告やリンクをクリックした際に表示されるWebページ(キャンペーンページ、商品ページ)のこと。具体的には、インターネット広告にリンクを設定し、ページ単体で問い合わせから資料請求・商品購入を促すことを目的とした独立ページを意味する。

LPなしの広告配信を行う場合、広告をクリックしたあとは商品詳細ページに移動することになる。その際、買いたい商品が決まっていればよいが、商品詳細ページの画像や解説文を見ただけでは購入の判断をしないユーザーも多く、購買転換に繋がりにくい傾向がある

LPありの広告配信を行う場合、ユーザーに届けたい(見せたい)情報を、届けたい順序に沿って届けることができる。ユーザーに商品を購入させるには、商品を説明する順序(導入⇒動機付け⇒利点⇒オファー)が重要であり、その順序通りにアプローチできる手法なため、購買転換に繋がりやすい傾向がある。

LPの有無により広告効果が大きく変わることもあるため、Webマーケティングにおいて非常に重要な要素と言えよう。商材やサービスの性質を踏まえて導入検討することを推奨する。

LPOとは、Landing Page Optimizationの略称。ランディングページ最適化のこと。LP最適化とも呼ぶ。具体的には、LP訪問者が商品購入や資料請求などのコンバージョンに至る確率を高めるために、ページ構成やコンテンツ内容を工夫することを指す。訴求内容やデザインの異なる組み合わせのLPを複数作成し、より効果の高い(反応の良い)ものを残していく手法などがあげられる。
LTVとは、Life Time Valueの略称。顧客生涯価値と訳され、顧客が取引期間を通じて企業にもたらす利益(価値)のこと。具体的には、顧客がサービスを使用している期間中に、サービスに対して投下する金額の総額を指す。会社に対して、通算してどれだけの利益をもたらすのかということを表します。企業の長期的な利益を図るために必要となる指標です。

LTVは(平均購買単価)×(購買頻度)×(購買継続期間)の式で算出することが出来ます。そのため、顧客の商品・サービスに対するロイヤリティが高いほど、LTVは高くなる傾向にあります。簡単に言えば、LTVを高めるためには、リピートを増やす(購買頻度・購買期間)ことが欠かせません。

インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集