インターネット広告用語集(U行)

インターネット広告用語集

U行

UGCとは、User Generated Contentの略。一般消費者によって作成された画像や動画、ブログやSNSなどで投稿されたメッセージ・記事、口コミでの感想などオンラインコンテンツの総称である。

近年では、マーケティング手法としてInstagramなどに投稿されたUCGを広告クリエイティブに活用する企業が増えている。消費者目線のクリエイティブ(UCG)は広告感が少なく、商品を使用したユーザーの実体験をリアルに伝えることができるため、より魅力的な商品紹介ができるようになります。

URLとは、Uniform Resource Locatorの略称です。インターネット上に存在するホームページやファイル(文書や画像)の場所を示す記述形式のこと。Webページや電子メールの所在特定など使用されます。

インターネット上のアドレス(住所)は、IPアドレスと呼ばれる数列を用いて表しますが、人間には覚えにくいというデメリットがあります。そこで人間が理解しやすいように、数列を文字列に置換したアドレス(住所)がURLとなります。つまり、URLとは「IPアドレス(インターネット上の住所)」を示すための役割をもつ書式といえるでしょう。

インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集
インターネット広告用語集