【2022年度版】「会議に役立つクラウドサービス カオスマップ2022年度版」を公開

【2022年度版】「会議に役立つクラウドサービス カオスマップ2022年度版」を公開!

会議に役立つクラウドサービスを「会議・議事録管理」「タスク管理」「Web会議」「ホワイトボード」「仮想オフィス」「スケジュール管理」の6カテゴリに分類し、約80サービスを厳選して公開!

会議を起点とした情報マネジメントツール『Huddler(ハドラー)』を運営する、株式会社monomode(本社:札幌市中央区、代表取締役:五十嵐翔太)は、「会議に役立つクラウドサービス カオスマップ2022年度版」を作成、公開しました。

monomode、【2022年度版】「会議に役立つクラウドサービス カオスマップ2022年度版」を公開

▼ダウンロードはこちらから(無料)
https://bit.ly/3PewVyz
※PDF内のロゴをクリックすると各サービスサイトに遷移します。

カオスマップ作成の背景

2020年から感染が拡大した新型コロナウイルスの影響により働き方が見直され、テレワークを導入している企業がコロナ流行前と比べ増加しています。2022年3月東京都内の企業(従業員30人以上)に対して行われた調査では、全体のテレワーク実施率が62.5%、300人以上の企業に絞ると83.1%にものぼり、ピークアウトしたとされる現在も引き続き高い数字を維持しています。

そうした働き方の変化に伴い、これまで対面で行っていた社内外の打ち合わせや会議なども、オンライン会議にシフトしたり、これまで紙で印刷し配布していたプレゼン資料をビジネスチャットやクラウドストレージ経由で共有を行うようになったりなど、日常の会議・打ち合わせに関わる様式も変化しているのではないでしょうか。

そこで今回、オンライン上で会議や打ち合わせをする上で役立つサービスを「会議・議事録管理」「タスク管理」「Web会議」「ホワイトボード」「仮想オフィス」「スケジュール管理」の6カテゴリに分類分けし、カオスマップを作成いたしました。これらのツールはテレワークで活躍するのはもちろん、ニューノーマル時代に合った新しい働き方を実現するための環境整備にも役立つツールです。ビジネスパーソンとして避けて通れない「会議・打ち合わせ」を、クラウドツールを適切に活用し、会議の質向上にお役立てください。

会議・打ち合わせの動向

①会議・打ち合わせに対し、大半が「何か改善する必要がある」と感じている

2022年1月に当社が行った「会議」「打ち合わせ」に関しての調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059456.html)で会議・打ち合わせに対して改善が必要と感じるかという質問に対して、何か改善する必要があると感じている割合が77%にのぼり、大多数のビジネスパーソンが何かしら改善すべきと感じていることが分かりました。「ムダ」と感じることとしては「時間が長い、終了時間が決まっていない」「目的が不明瞭、開催する必要のない会議が多い」などが多く、毎日の業務だからこそ、ITソリューションの活用による業務効率化、業務の見直し・改善が急務となっています。

②オンライン会議の需要の高まり

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アールの国内のWeb会議市場規模推移および予測の調査結果によるとWeb会議市場の2020年度の売上金額は257億円、前年度比130.7%増と2倍強の市場規模となり、急成長を見せています。(ITR「ITR Market View:コラボレーション市場2021」を参照)米Zoomビデオコミュニケーションズが提供するWeb会議サービスであるZoomについても、2020年4月3日からの19日間で1億人のアクティブユーザーの増加が見られており、コロナ収束後もこうしたオンライン会議は企業にとって大きな価値を与えるとされています。

③オンラインで完結する周辺クラウドツールが急増

社内会議や取引先との商談もオンライン上で行うことが主流になると、対面していない分、表情や、温度感が伝わりづらく、十分なコミュニケーションが取りづらいというような会議を進める上での難しさも出てきます。そうした課題を解決するツールとして、オンライン会議の質を向上させる議事録管理ツールやホワイトボードツール、また、よりリアルなオフィス体験ができる仮想オフィスなどのクラウドツールが急増し、業務の進め方も多様化しています。

Huddler(現在クローズドベータ版での提供)について

↑Huddlerの「会議・議事録管理」画面
↑Huddlerの「会議・議事録管理」画面

会議を起点とした情報マネジメントツール「Huddler(ハドラー)」は、業務における情報を適切に管理し、チームとビジネスを前進させる生産性向上のためのサービスです。会議やコミュニケーションから発生する情報を効率的に管理し、会議の議事録を軸に、「タスク」「wiki」「ファイル」など、必要な機能を組み合わせて使用することができます。

Huddlerがクラウド上のチームの仕事場となり、あらゆる業務に関する情報をマネジメントすることが可能です。
現在はクローズドベータ版での提供を行っており、士業・不動産・観光・IT・情報通信など大小様々な企業様でご利用が進んでおります。

■Huddler(ハドラー)
URL :https://service.huddler.app/
公式Twitter :https://twitter.com/Huddler_app
Windows版アプリ(ベータ版) :https://bit.ly/3spplYf
Mac版アプリ(ベータ版) :https://bit.ly/3M4gqmN

■運営会社
社名 :株式会社monomode(モノモード)
本社 :〒001-0020 北海道札幌市北区北20条西5丁目2-50 クロスポイント2F
設立 :2013年7月
代表者 :代表取締役 五十嵐翔太
資本金 :3000万円
URL :https://monomode.co.jp/

 ■掲載したロゴ・サービス名について
当カオスマップ記載のロゴ・サービス名称の表記については、掲載させて頂きました各社様に事前許諾を得ていないものもございます。企業・サービスのロゴを使用させていただいておりますが、使用上問題のある場合は削除・差し替え対応致します。
大変お手数ですが、以下メールアドレスよりご連絡ください。
メールアドレス:info@huddler.app

関連情報

株式会社monomode
【2022年度版】「会議に役立つクラウドサービス カオスマップ2022年度版」を公開!