スマートキャンプ、SaaS領域に特化したデジタルエージェンシー「ADXL株式会社」を設立

ADXL株式会社

スマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、 代表:古橋智史、林詩音、 以下「スマートキャンプ」)は、BtoB、特にSaaS(※1)領域のマーケティングを強みとするデジタルエージェンシーとして、ADXL株式会社(本社:東京都港区、代表:原田聖子、以下「アドシル」)を2021年3月31日に設立し、本日より事業開始することをお知らせします。

ADXL株式会社

設立の背景

クラウドサービスの利用率は、総務省の2019年12月調査(※2)で初めて60%を超え、その後も増加傾向にあります。また、日本のSaaS市場は年平均成長率が約13%と急速な成長を続け、2024年には約1兆1,200億円に拡大するとも言われています(※3)。さらに、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、多くの企業がテレワークの導入に踏み切り、コミュニケーションをはじめとしたさまざまな業務環境の整備が進められる中で、クラウドサービスの需要も拡大していると考えられています。

一方、SaaS業界においては、主に3つの課題が顕在化して来ています。

1)マーケティング手法が多様化、高度化したために、費用対効果の良い施策の選択が難しい。
2)実務知見があり、専門スキルを持った人材が不足し、戦略立案ができない。
3)SaaSに特化したデジタルエージェンシーが少なく、どこに相談すればよいか分からない。

これらの課題を解決するソリューションとして、SaaS領域のマーケティング戦略立案から運用、実行支援、データ分析までを行う新会社アドシルを設立しました。

アドシルの強み

スマートキャンプでは、2015年に提供を開始した「BOXIL SaaS」をはじめ、設立以来、一貫してBtoBサービスのマーケティング支援を行ってきました。2019年11月に株式会社マネーフォワードのグループ会社となってからは、シナジー効果を最大化し、SaaS領域のマーケティングについて、実業知見とノウハウをさらに蓄積し続けています。アドシルは、これらの強みを生かしながら、自社媒体に限らず中立的な立場で効果の高い媒体を選定でき、アウトソーシングおよびコンサルティングサービスを提供するデジタルエージェンシーです。

新会社の概要

会社名:ADXL株式会社(英名:ADXL, Inc.)
所在地:〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル 13階
代表取締役:原田聖子、取締役:古橋智史、林詩音、中野真良、佐々木皇太
設立日:2021年3月31日
事業開始日:2021年4月6日
資本金:2,000万円(資本準備金含む)
株主:スマートキャンプ株式会社
コーポレートサイトURL:https://adxl.co.jp

サービスに関するお問い合わせ

info@adxl.co.jp

※1 SaaSとは、Software as a Serviceの略で、サービスとしてのソフトウェアの意。従来パッケージソフトとして提供されていた機能が、クラウドサービスとして提供される形態のことを指します。
※2 出典:総務省「令和元年通信利用動向調査」* 無回答を回答比率をもとに除いた数字をスマートキャンプが算出
※3 出典:スマートキャンプ発行「SaaS業界レポート2020」P.18掲載、富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2020年版」 * 2019年度実績、2020年度見込、以降予測

スマートキャンプ株式会社について

「BOXIL SaaS」を軸に企業のセールスやマーケティング支援を行っています。2019年11月に、株式会社マネーフォワードのグループ会社となり、両社の強みを生かし、近年、バックオフィスをサポートする事業も展開しています。
社名:スマートキャンプ株式会社
設立:2014年6月
代表者:代表取締役 古橋智史、林詩音
事業内容:SaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL SaaS」や、インサイドセールス代行・コンサルティング「BALES」、オンライン展示会「BOXIL EXPO」の運営
URL:https://smartcamp.co.jp/

記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

関連リンク

スマートキャンプ株式会社
スマートキャンプ、SaaS領域に特化したデジタルエージェンシー「ADXL株式会社」を設立